口臭と口腔内の病気

歯肉炎による口臭

歯の病気の一つに歯肉炎というものがあります。これは、歯の土台となっている歯肉の部分が炎症を起こしてしまうことです。歯肉の部分は、主に歯茎といった呼ばれ方をしています。

口を大きく開けてしゃべれないほどまで歯茎が腫れてしまったという経験のある人もいるでしょう。この状態になると、かなりの痛みを伴います。

歯肉炎は、歯垢や歯垢が固まった状態の歯石の部分で細菌が増殖してしまい、その段階で歯肉の部分にも入り込んで炎症を起こしてできます。主に、歯茎と歯の隙間の部分から入り込んでいき、その中で増殖して歯肉の部分で分解された歯垢や食べ物の残りかすを腐敗させて膿みを生じさせてしまうのです。

この膿みの臭いは、自分でも気づくほどの悪臭を放ちます。口臭のなかでも、相当にひどいものといえるでしょう。こうしたケースでは、もちろん痛みを伴うために通院を余儀なくされますが、痛みが一時的に引いたときなどは、治ったものと勘違いされるので注意が必要です。腐敗が進んでいないために炎症が引いただけで、その素となるものは解決されていないからです。

また、口臭についても同じで、膿みができていないため口臭が抑えられていますが、いつでも条件が揃うと細菌が繁殖しはじめて、それにともなって炎症が進むと、膿みができてしまうからです。

歯肉炎は、放っておくと歯槽膿漏へと発展してしまい、長い通院での治療などが必要になります。歯肉炎の段階で治療し、歯間ブラシなどを用いて歯のケアを怠らないようにし、早期発見などにも努めましょう。